株式会社設立の費用

            【株式会社設立に必要な費用】

 1.株式会社の設立費用
   株式会社を設立する場合、定款・登記の登録免許税・印鑑代等の様々な費用がかって
   きます。そこで会社設立をするのに必要な費用を検討していくことにします。

     @ 定款の認証   
   定款の認証手数料として公証人に5万円、定款の1部に貼る印紙代として4万円がか
   かります。最も、電子認証の場合には、4万円の印紙は不要となります。
   また、登記申請時に法務局に提出する定款の謄本に約2000円かかります。

   

   ★ 当事務所は、電子定款に対応しておりますので、印紙代の4万円が掛からず
    費用の節約になります。


     A 登記申請にかかる登録免許税
   登記を申請するときに、登録免許税を支払う必要があります。税率は資本金の1000分
   の7
です。但し、算出された額が15万円に満たないときは登録免許税は、15万円とさ
   ています。

 

   また、登記の終了を確認するために登記簿謄本を取得しますが1通に付き1000円です。
   代表者の印鑑証明書の取得は、1通500円かかります。

   

     以上の費用(24万〜25万)は、法定費用と称され会社を設立ために最低限度必要さ
   れており
、自分で手続きした場合、第三者である専門家に依頼した場合でも同様にか
   かります。なお、発起設立のときは、会社法により株式払込金証明書の提出が不要と
   されていますので、金融機関の残高証明の費用はかからないことになります。


   B 会社の印鑑作成代
   さらに会社の印鑑として、実印となる代表者印銀行印の作成費用もかかります。

    これは法定費用以外の出費です。会社設立、創業時には出費は抑えたいものです。

 

   当事務所は依頼者様のご負担を少なくしたいと思っております。

                       

  今なら、会社設立をご依頼頂いた方に会社印鑑3点セット
 (会社実印18ミリ・銀行印16,5ミリ・角印24ミリ)をプレゼントします!

 

  詳しくは、「会社設立サポートのご案内」をご覧下さい(←ここをクリック)

 

 

  2.株式会社の設立費用(実費・法定費用)は、以下のとおりです。

  定款認証手数料        50,000円
  定款に貼付する印紙代        40,000円
  登記申請にかかる登録免許税

      150,000円

  定款の謄本交付手数料

         2,000円

  合計

      242,000円

 *登録免許税は、資本金の1000分の7の金額ですが、15万円に満たない場合は、一律
 に15万円とされています。

 

 

→ 会社設立サポートのご案内はこちら

 → ご依頼・ご相談はこちら

 

     ▼▼お電話でのご依頼,ご相談はこちら▼▼ 
  TEL : 03-6311-8727 

   ▲ このページのトップに戻ります